上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式後の、所属していた部活の飲み会が小雨の降る冷たい朝方、終わった。
気付けば阪急三宮駅から発車する始発の列車が視界に入ってきていた。
自分の声もかすれていた。
バス停で雨宿りをしていると、一人の後輩の女の子が手紙をくれた。
恥ずかしいので家に帰ってから読んで下さい、と言う。
その時やっと「ああ、もう僕は卒業するんだ。今がその時なんだ」と悟ることができた。
下を見ると、雨に濡れた革靴が光る。
慣れないスーツを着ても、ちっとも卒業なんて意識できなかったのに。
それから、まだ一緒に雨宿りをしていた先輩、同級生、後輩一人ひとりに握手して周った。
一人ひとりしっかりと目を見て、強く握手した。
また本当にみんなに会えることを楽しみにして。
繋がっている、これからもずっと、そういう気持ちを僕は右手に込めた。
「いつでも帰ってきてください」
「また飲みましょう」
「神戸に帰ってきたときはぜひ連絡ください」
みんなからのこれ以上ない言葉を受け取った。

照れるじゃない
最高に嬉しいじゃない
でも少し、寂しいじゃない

今の時代、会うという概念が変わってきているなという話を盟友・カナーケンとした。ブログやSNSでのやりとりで友人の近状から髪型が変わったことまでわかる時代。無料でテレビ通話もできちゃう、もうそんな時代なんだよ。そういったことももはや「会う」というポジションに位置づけることにすると、俄然、一対一で「会う」ことに真の意味が出てくるのかもしれない。
でも、寂しいけど、みんなと一対一で会える機会なんてたくさん作れない、それが現実なのか。

僕は寂しがり屋でいて、すぐに気が抜けるタイプ。
でもみんなが頑張っていたり、強く生きていこうとしてもがいているのがわかれば、また気合が乗ってくる。
負けないぞーってなれる。
実はすごく弱い人間なんだ。

だから、今の時代に託す。

みんなの文章や写真を見て、純粋に元気をもらいたい。
その分、僕もどうにかして恩返しできたらなと思う。
実際恩返しといえるほどのことは何もできないと思うけど、
こんな僕を慕ってくれる同回生のみんなや先輩・後輩とは
ただ繋がっていたい。
そして、誰にも負けたくない。
そんなみんなに胸を張って生きていけるように
絶対逃げずに、言い訳ばかりせず、前向きに、がむしゃらに
毎日を強く生きていけるように近くから見ていてほしい。


後輩からもらった手紙を次の日の夜ようやく読めた。
僕はこういった手紙や合否がわかる書類が入った封筒など、とにかく大事なことが書かれた諸々の手紙をいつ、どこで読めばいいかわからない。
なんだかしっかり自分の気持ちの整理をして、正座して向き合いたいと思っちゃう。
この時もやっと一人になって静かに向き合える時間ができたのがこの時だった。

手紙には僕とあの子だけの思い出がいっぱい詰まっていた。
(別にやらしいことはなかったよ、まったく!)
こんな僕と出会って自分は変われたということを
等身大のあの子の言葉で、ぎっしり書いてくれていた。
純粋にびっくりした。
何度も読んだ。一人っきりの時に。
なかなか僕自身シンプルに生きてきたのかな、と思えた。
本当にありがとう。
自信が湧いたよ。
色々あると思うけど、がんばるんだよ。

4月からはいよいよ東京で研修が始まる。
事前に勉強しとけと言われたものを結局ひとつもしなかった。
すごく怖いけど、後悔はない。
1,2,3月を怒濤に駆け抜けてきた気がするから。

3月26日
最後の最後に2つ上の尊敬する先輩が飲みに連れて行ってくれた。
僕は大学に入ってから2年後は絶対この人に負けないという気持ちを胸に生きてきた部分がある。
こんなにもゆっくり話させてもらったことは初めてだった。
やはり今でも変わらず、僕の随分前を走り続けてくれていた。
ただかっこよかった、嬉しかった。
そして、やっぱり負けたくないと思った。
したたかで謙虚な話し方の中に
自分をただ信じて生きている心意気が感じられた。
「社会は雑音だらけだけど、自分の芯をシンプルにつくっていく」
僕にもそれができるかな。
本当に社会人になる前にお話できて良かったです。
ありがとうございました。

出発前日は、朝にじいちゃんの墓へ挨拶にいこう。
「立派な青年になれよ」という最期の言葉を残して
天国にいったじいちゃんと色々話してくる。
昼は、明石の最強喫茶・てらこやのマスターに会いに行こう。
夜は、家族がなんか食事会を開いてくれるらしい。

スーツケースの用意をしよう
もう腹はくくっている
修行だから全てが自分に還ってくるはずさ
外は寒くても桜はもう咲き出してるじゃないか
なんていう世界なんだろう

僕はこれから楽しみながらモガくよ
今年は勇気と思いきりの年なんだから

桜はもう咲き出してるじゃないか
なんていう世界なんだろう






本当にこの四年間は本当に言葉では表現できない物を得た気がする。自分のことを成長させてくれた周りの人たちみんなには感謝とかいう言葉じゃ表せないものをもらったよね。
俺も会社からの宿題の類は一切やってなくてさっきちょっと焦って後悔したけど、振り返れば後悔なんかするよりももっと大きな、なんて言えばいいかわからないけど、満足みたいな感じがあった。今しか出来ないこと、今出来ることを精一杯やれたかな。この気持ち、スタンスを持っていれば、何とでもなる気がする。
これからはみんな違うステージに進むけど、今まで感じたことを忘れずに、しんどくなったら、学校の食堂やビオール、どこかのライブハウスで感じたあの思いを思い出したら、何とでもやっていける気がするよ。
そんな思いがふと込み上げてきたので、キーボードをたたかせてもらいました。
【2010/03/29 04:42】 URL | maga #-[ 編集]
magaさん

ぼくらはよくわからない力と運命によってフォークソング部に入り、出会った。
そしてもう4年が経とうとしているんだね。
ぼくらは幸せ者だよ。
すごい人に恵まれている。
きっとこの関係は一生続くよ。
もったいないよ、この大学生活だけで終わらせたら。
それはみんなも同じ気持ちだと思う。
だから出来たら毎年集まろう。
みんなで朝まで飲むんだよ。
一年に一日限りでもいい。
それが本当の「会う」ってことだよね。
握手して、同じ空間で空気を吸い、ただ話す・・・
その時までしっかり頑張ろうよ。
ほんとに頑張れる気がしてきたし、出来たらイイ顔して会いたい。
その時まで。
また連絡取り合おう。
ひょっこり新居に行かせてもらうかもしれないよ。
その時まで、また!
【2010/03/29 05:13】 URL | fujimotv #-[ 編集]
大事な節目、決意の時期の大事なエントリーに名前を出して頂き、光栄に思っております。

そう、形式上はいつでも会えるんだけど、その向こう側にある本当に「会う」という行為、これをオレは「逢う」と呼びたい。
逢うとはめぐり逢うの逢う。
数々の偶然が必然と思えるくらいに濃密な4年間を、このまま思い出だけに押し留めたくないと、卒業式の時誰もが感じたことではないだろうか。いつだって僕達は常ならぬ思いで逢うことができると、そう信じています。

別れの節目だと、卒業式、または卒コンで全く自分自身感じなかった。それはまだ神戸にいて、学生をする特別な身分だからってのもあるかもしれないが、そうじゃなくて、状況的、身体的には離れるけど、心は離れないぞということを確信できたからだと、胸を張って清々しく考えることができる。
あなたにもそうあって欲しいものです。
そんなフジモンで近い内またお逢いしましょう。

「死ぬんじゃねえぞ。」
【2010/03/30 00:47】 URL | カナーケン #-[ 編集]
カナーケン

こんなにも情熱的で青春的であり、またどストレートな表現で
文を認める貴方をめずらしいと思ったのは気のせいでしょうか?

貴方のおかげで、貴方がいたから僕は今までの何倍も
バカすることへの執着心と好奇心を持つことができました。
そして、それはすごく深いものであり、時には頭をひねり使い、
困難に付きまとわられるものだとも知ることができました。
でもそれが決定的なおもしろさでもあります。
僕はその壁をものの見事に越えていく貴方に感心し、また嫉妬するほど羨んだときもありました。

きっとまたいつか貴方から突拍子もない招待メールが届くことを信じてます。
日にちさえ空いていれば絶対帰ってきます。
また、神戸に帰ってこれる日がわかればすぐに連絡させてもらうよ。
その時はまた楽しいことをしましょう。

ほんとに楽しい学生生活だった。
ありがとう。
これからもよろしく。
では・・・また!!
【2010/03/31 03:08】 URL | fujimotv #-[ 編集]
卒業おめでとうございます。
あんな拙い文章になにか感じてくれたのかと思うと、書いてよかったなって心から思います。
たくさんお礼が言いたかったので少しでも伝えられたみたいでよかったです。

素敵な先輩ばっかりで幸せです。
私も、もう3回生です。
先輩たちのように後輩に何かを残すことのできる先輩になれるように頑張ります。
次に会う時にはもうお説教されないように、成長したなって言われるように、生きていきます。

ありがとうございました。
【2010/03/31 13:26】 URL | 一人の後輩の女の子 #mQop/nM.[ 編集]
一人の後輩の女の子ちゃん

返信遅くなってごめんね。
ネット繋がる環境がまったくなくて・・・
神戸帰ってきたから、いつでも飲みに行こうぞ!!
困ったり不安なことができて、俺が力になれる時があったら
いつでもまじで連絡してきて、俺も勉強になるから。
あと、いつでも説教するよ!!!
すぐなまけて、一日一日を大切にしない大学生にはなっちゃだめだ。
それをいま、痛感してて、ちょっと後悔もしてる。
これからもずっと繋がっていこう。
ありがとうな、手紙大事に持ってるよ。
【2010/04/17 20:54】 URL | fujimotv #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。