上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ipone snap 013

バリの旅は自分と日本を客観的に見る素晴らしい時間だった。
加えて日本へ帰ってきて一週間が経ったが、この一週間が入ることによって
さらに「自分」と「日本」を自身の中でしっかりと考えるようになった。
いや、考えるようになったというか、さらにわからなくなった。
奥深さとでも言おうか、森のような山のような。

今回は日記をそのままつらつらと書き続ける。
あまり読み返すことなく、ベシャっと書き連ねる。
少々長くなること、そして誤字脱字が多くなることがすでに予想できるが、それはすべてインフルエンザのせいにしてお許しください。


1、バリの人はみんな引くほど優しく、また日本語が話せる。


クタ地区と呼ばれる繁華街にて

バリ人:「ドコ行クノ?」
私:「両替屋。近くにレートのええとこある?」
バリ人:「アルヨアルヨ!コッチ。連レテッテアゲル。」
そう言ってわざわざ10分ぐらい一緒に歩いて連れて行ってくれた。
最初は頑なに断って無視して歩いていたが、無視するほうが逆に疲れるほどに次々と現地人に話しかけられるため(それも全て流暢な日本語で)、次第に情報集めは旅行代理店に行かず、現地人に聞くスタイルに変わっていた。

バリ人:「タクシー乗ル?」
私:「いいです。」
バリ人:「ナンデヤネン!」
この会話を何回したことか。こればかりはイラッとし、完璧に無視してスタスタ歩いていると、いつも20秒後ぐらいに背中ごしで小さく「ナンデヤネ~ン」という寂しい声がまた聞こえるの。

バリへ向かう飛行機の中でバリ旅行本を何冊も熟読していると、「現地の日本語をうまく操って話しかけてくる人に注意しろ!ひつこい場合は完璧に無視して歩き続けろ。その時にひったくりにも十分注意してね。」といったようなことがどの本を見ても太字で強く書かれていた。また、旅行代理店でも同じようなことをひたすら注意された。そのため私は億劫なほどそれらを気にしていた。なので一日目、二日目はやはり現地の人の異常なまでに話しかけてくるスタイルに疲れ、「あーもうしんどい。ウザイ。トホホ。なんであんなに日本語しゃべれるの。サムライを舐めやがって」と、悲痛な叫びをベットの上で延々とあげていた。

しかしこれでは楽しくない、しんどい、何よりもバリに来てカルチャーを学びに来たのに自ら遮断しているじゃないか。これじゃあ意味がねー、これじゃあ引きこもりのニートだ、俺はサムライだと立ち上がり、思い切って現地の無数にいて話しかけてきた自称・ツアーガイドの中の一人であった「アミン」という人にツアーを依頼した。アミンはクタ地区にあるHISクタ支店の真ん前で怪しい笑顔で私達に話しかけてきた。陽に焼けた生粋のバリ人に見えた。なになに旅行代理店を通してツアーを頼むと一日一人18000円ぐらいするところをアミンは
「二人デ一日4500円デイイデス!安ッスイネー!」
と怪しすぎるほど優しい言葉で私達を誘ってきた。ちなみにツアーというのは丸一日車をチャーターしてどこにでも行きたいトコに連れて行ってくれるというもの。ツアーガイド、車、ガソリン代全て込み。遺跡や高原、レゴン・バロンダンス、ケチャファイヤー、寺院・・・そういった所に数多く行きたかった私にとってやはりアミンの言葉はかなり怖かったが魔法の呪文のように聞こえた・・・・・
もしボッタくられたらどーしよう、袋叩きはよしてくれよ、でも金は盗らないで・・・・・
その時一度は断ったものの、それから約一時間後に遠く離れた通りで一体どうしようかなー・・・っと考え困っていたときにまたしても笑顔のアミンにばったり会った。
これはもしかすると私の信仰しているシンクロニシティ・・・神様がこのアミンに頼めばいいじゃない?と言っているようなものではないか?きっと大丈夫だ。ほら、よく見たらすっげー優しい目してるじゃん!他の現地の自称・ツアーガイドのオッサン達よりガサガサしてないし、本当に親身な感じだ、ブッタみたいな笑顔だ・・・
そう思い、私はアミンと固い握手を交わした。

勿論この時は次の日に起きる様々な出来事を全く予想できていなかったのが。
次回は
2、アミンという人
をお送りします。では。




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。