上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18日間の男3人北京・タイ・インドの旅、行ってきました
お久しぶり
無事に帰ってこれて「お寿ぶり」って感じだよ

3月4日に帰国したんだけど、インドから持って帰ってきた
「下痢→異国の薬効きすぎての胃痛」に悩まされ、もがき苦しみ、
ふふふ治った!と思ったら、個人同窓会をバンバン開くことになり、
そして気付いたら部活の卒業ライブのため、睡眠時間を削って削って・・・
帰国してから大変楽しい有意義な毎日を過ごしてはいたのだけど、
もうゆっくりあの旅を振り返る時間なんてなかった

それほど僕にとって、この2週間は大事な時間だった

多くの人から話を聞き、熱い話をネチネチ朝までやり、
ヘラヘラしながらも自分たちがおもしろいと思うものを意外と必死になって作っていた

それがいっぱい報われた気がしてる、いま
だって最高に楽しい2週間だったから

あの旅だって本当にいろんなことがあったんだよ
でも、それを全部書ききれない
僕の文章能力じゃ・・・というよりも
実際もう忘れていってる思い出だってあるはず
それはそれはとても寂しいことで、
出来れば全ての会話、全ての匂い、全ての目に映ったもの・・・
ぜーんぶ隅々まで覚えてて、忘れず、いつでもニヤニヤしていたい


とてもいい写真が多い

デジタル一眼レフを年末に買って本当に良かった
あの旅で一番気に入ってる写真を今日は最後に載せます

北京で行った天安門広場や万里の長城、タイのパタヤビーチ、
インドのタージマハルや聖なるガンジス河とかで撮った記念写真ではないの

本当に最後、僕らの18日間の旅の最後に撮った一枚が僕は最高に好きなんです
この一枚に全てが凝縮されてるみたいで・・・
その日(3月4日)、北京で飛行機を乗り換え、
日本にヘトヘトで帰ってきて(みんな下痢や胃痛で腹痛めてます)、
それでも三宮駅の人がいっぱいの所で撮った最後の記念写真

これだけを載せて、あの旅を強引に振り返ることはやめよう
やっぱり無理やりはダメだ
全てを受け入れ、シンプルに、自分に素直に生きることが大事なことを
僕はこの旅で教わったはずなんだ

卒業する前にインドを旅できて、本当に良かった
強く生きていこうと肌で思い、感じ、決心した

最後に、
金欠だったのに必死にバイトして金貯めたたーみー、
ガンジス河で23歳を迎えたしみちゃん、
僕は君たちと出逢い、学生生活最後に一緒に異国を旅できて
本当に良かったと思っています

ありがとう、謝謝、コープクンマーク、ダンニャワード



DSC_3805_01_01.jpg
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。