上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツで1番大相撲が好きだ。
今日の朝青龍 白鵬の一番で2009年の取組全てが終わった。
毎場所そうだ、千秋楽が終わると悲しくなる、寂しくなる。
そしてさらに相撲が好きになる日でもあるのだ。

今場所、朝青龍と白鵬は11日目まで共に全勝。
しかし、12日目より3連敗を喫した朝青龍。
昨日の取組なんて体調の悪さ、
12日目に痛めた右腕の具合、そして
何より緊張の糸が切れたことがはっきりわかる負け方だった。
白鵬は対照的に負けるそぶりを見せない、最強相撲。
そして、昨日。
千秋楽を待たずして白鵬の優勝が決まった。
千秋楽の今日、誰もが楽しみにしている
横綱同士の取組が控えているにも関わらず。

ぼくは思う。
今日の両横綱の仕切りから勝敗が決まって
土俵を後にするまでの様子を見ていて
もしかしたら朝青龍は今日の白鵬との取組のために
昨日はあっさり負けたんじゃないかなと。
2連敗をした13日目、今の白鵬の力を見て
これしかない、最後のプライドを賭けたのかもしれない。
だから正確に言うと緊張の糸なんて切れてなかったのかもしれない。
白鵬も昨日、優勝が決まったときのインタビューで
「あと一番あります。」
と気を引き締めた。
同じモンゴル人同士、日本の地で、同じ時に、
二人は横綱として土俵に立ち続けている。
意地、プライドというよりも
無礼、尊敬、尊厳、楽しみ、嬉しさ、会話・・・
そんな言葉が合うような気がする。

ぼくが拙い言葉をつらつら並べるよりもこの一番を。
両力士の目を、仕切りを、
制限時間一杯になった瞬間のあの空気感を、
そして何度も繰り返されるこの攻防を。


スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。