上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は今ひとり四国は鳴門へ向かっている。
四国八十八カ所お遍路の旅をするために。
この旅の計画は随分前からしていた。大学の推薦入試の時に「この4年間で勉強や部活以外で何かしたいことはありますか?」と聞かれて「10歳離れた兄貴と四国のお遍路の旅に出かけたい」と答えたことは今も鮮明に覚えている。
あれからもうすぐ4年。月日は流れた。兄貴と行くという計画は完璧に無理そうだ。だから、僕は今日からひとりで、何日かかるかわからないけど、4年前に自分自身と約束した旅の計画を果たしに行く。
バスの中で考えている。僕は4年前とどう変わったか。立派な青年になったのか。考えれば考えるほどバカな自分自身に気付きそうになる。気付きそうになったところで、あーやめたと外を見る。淡路島の緑でなんとか心を静める。まだ自身の悪い所と本気で向き合えない。怖いから、気分が悪くなるから。きっと気分が悪いのはバスに揺られてこの文を打ち込んでいるからかもしれない。でも、それだけじゃないのは、薄々わかっているんだ。


以前僕は自身の中に焦りがあるとブログで書いた。でもこの焦りは僕自身、すべてマイナスになるとは考えておらず、逆に自分を奮い立たせる、躊躇しているヒマはないよという刺激を与えてくれる大事なものだと解釈していた。がしかしそれだけならいいのだが、最近、自身の中には焦りから派生し、他人を軽視するような思考があまりにも浮かぶ。浮かぶだけならともかく、それを独り言ととして言葉に出したりしてしまう。これはどうもおかしい。人間としてどうだろう、ダメでしょ、そんな風に善の自分が問いただす。そんな状況が恥ずかしいながらずっと続いている。
「他人を責める前にまずは自分にベクトルを向けろ」これは昨年インターンシップにもくもくと通っていた時に教えてもらった自分の人生訓の一つである。少なくとも他人のせいばかりしている者は成長しない。幸せになれない。自分自身が変わらなければ、いくら職場や友人を変えようが一時的な幸せ以外、何も得ることができない。それをわかっているはずなのに治せない。もしかしたら、口先だけで、真髄がわかっていないのかも、これはまた修行する必要があると悟った。タイムリミットがくるまでに。
ということで、僕は約1ヶ月かけて一人四国を旅することを本気で決めた。もうこの時期に行かないと手遅れになる、そう思った。卒論書かないといけないし、ましてやこれからやって来る冬に野宿は無理でしょうが。素泊まりといえど、4000円前後はかかる民宿に毎日泊まるほどの経済的余裕はないし、そんな金をかけて行く旅ではないと思っている。空海はずっと野宿だったらしい。これも立派な修行だ、頑張れと彼は僕に言ってくれているのかもしれない。

これから先、いとこの結婚式や就職先の内定式典などがあり、一気に回り切ることはできない。だけど、絶対に回り切る気持ちはある。そうじゃないと意味がないと思う。回り切らないと今までとなんら変わらない自分のままだと思うから。

お遍路にはとても素晴らしいキーワードがある。

同行二人
お遍路中は何時も弘法大師空海と一緒。いつも遍路を支え、見守り、一緒に回って修行を導いてくださるらしい。心強いよ。

十善戒
1不殺生 殺生しない
2不偸盗 盗まない
3不邪淫 邪淫しない
4不妄語 嘘をつかない
5不綺語  飾った言葉を使わない
6不悪口 悪口を言わない
7不両舌 二枚舌を使わない
8不慳貪 欲張らない
9不瞋恚 怒らない
10不邪見 良くない考えを起こさない

これを頭に心に言い聞かせて行ってきます。しかしほとんど出来てないなー、これは。ま、自分とゆっくり向き合ってきます。
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。