上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広州は中国で北京、上海に次ぐ大きな都市だと聞いていたが、ガイドブックには北京や上海の情報量に比べ、10分の1ほどの情報しか載っていなかった。
それだけ観光名所がないということなのか、実際に訪れた広州の街で当初僕らは情報量に欠けるやたら分厚いガイドブック片手にどうすればいいかわからず人ごみの中で立ち尽くした。
ただ、広州に来てよかったと感じたことがある。それは今の中国の近状がそのままこの都市にまるで鏡のように映し出されて見れた気がするから。街には一つ一つ日本では見られない斬新なデザインの高層ビルが急激な「発展」を強調するように立つ。しかし、その斬新なビルの立つ周りには築何年立ったのかわからない、いつ潰れてもおかしくないような汚い団地がいくつもそびえ立つ。車の排気ガスで真っ黒になった壁中に一定の感覚で並ぶ小さな窓の様子を注意して見ていくと、確かに人が住んでいる形跡がある。窓が空いていたり、服を干していたり、上半身裸のオヤジが見えたりする。街には仕事を求めて田舎からやってきた出稼ぎ労働者が多いと聞いていたが、予想をはるかに超えた人数の出稼ぎ労働者が街には溢れ、ホームレス化した人が何人もいた。その横をボタボタ歩く太った中国人。この絵に書いたような典型的な格差の光景が一日に何度も見られる。太った彼らの体型から「食は広州にあり」と謳われる、脂っこいがすこぶる美味い広東料理を毎日たらふく食べているのが連想させる。自分たちも食べてみたが、広東料理は確かに美味い。脂っこくて一度にいっぱい食べられないが。そして、彼らの多くがその腹を出して歩く。暑いため、Tシャツをまくり上げて歩くのだ。香港アンダーグランド情報誌「新・好きになっちゃった香港」によると、香港でもそういう考えられないようなダサい男たちがいるそうだが、香港人に言わせると、そういう人たちは皆、田舎者らしい。ここにも中国カルチャーショックを大きく受けた。
僕らは今、ベトナムのハノイにいる。
健康であり、特に深刻な問題は起きていず、悩みはない。強いて言うならば、自分が換えのパンツを一枚しか持って行っていなかったため、毎日シャワーを浴びる時に脱ぎたてパンツを洗わなければいけないことぐらいか。
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。