上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAPUAJXW.jpg

植物を育てている。
苗を買い、鉢を買い、軽石と底に敷く網は母親にもらった。
スタバのスモールカップも底に小さな穴を5つ開けて鉢代わりに。

今までちゃんと植物を育てたことなんてない。
小学校で育てたであろうチューリップの記憶も
重い土入りプラスチックの鉢を嫌々家に持ち帰った記憶しかない。

水をどれぐらいやったらいいのかわからない。
光も「直射日光は避けて!でも明るい日陰を好むよ。半日陰がいいんだね!」
と苗を買った時にもらった小さい紙に書かれていたが、
もうどこに置けばいいのやら。
まるで子育てをしているようだ。
きっと植物の育て方なんてネットで検索すると簡単に誰かが教えてくれるだろう。
でも手探りで、ずっと目を向けて葉の様子なんかを注意して確認しながら
育てたい気持ちがなんだか強いの。

草花なんてと思っていたけど、
今では草花の力はすごいと感じている。
それは先日行った熊野古道でも同じ周波の感覚に陥った。
自然の力を味方に、調和し、心身共にすくすく成長したいものです。
スポンサーサイト

タイムリミットが近づきつつあるのは確か。
僕の中でのタイムリミットは来年の3月。
確実に人生の一つの区切りになるだろう。

最近、毎夜毎夜思うことがある。

今日はいい日だったか?
今の目標は◯◯◯◯だったな。

何かの本で、人が怒ったり焦るといったマイナスな感情は全て
「怖さ」から派生した感情であると聞いたことがある。

僕は最近とてもイライラする。
それはなんでだろうってずっと考えてたけどようやく気付いた。
僕はリミットまでの時間が少ないということに焦り、怖がっているんだ。

そんな思いからこの前の三連休は無理やり予定を詰めた。
土曜日
昨年6ヶ月間のインターンシップを経験したのだが、
そこでお世話になったプロシーズという会社に
「3月末に無事内定をもらいました。ここでの経験が生かされました。今は沈没した学生生活を送ってます。ちょっと怒ってください。」
という内定報告とボロ衣のような近状を話しに行ってきた。
あの頃の愚直までに成長しようと頑張っていた自分が久々に脳裏に浮かんだ。

日曜日・月曜日
最近、同い年のいとこが車を買った。
その車を借りてスパッと鳥取砂丘と島根の世界遺産・石見銀山へ
無理やり行こうとしたが、雨の予報にテンションが下がり、こうなったらと大阪へ。
日曜の夜は大豪雨であった。
梅田の裏の静かなビジネス街に車を止め、
車に当たるおおきな雨音を聞きながら就寝。
朝、汗だくになり、不快さで目が覚める。
今思えばただただ車でどこかへ行き、車中で眠りかっただけなのか。
がしかし、奇跡的にこの三連休の感想としてはなかなかなのである。


僕が今こうやって怖さから派生したイライラや焦りを持って生きていることは無駄なのであろうか。本当はもっとのほほんと大学生活を楽しめれれば楽なんじゃないだろうか。今の焦る自分のせいで周りの人が嫌な気持ちになることが多い。それを悟りながらも直せない自分を心底責める。毎夜責め、反省し、その繰り返し。でも確かに言えることは今、悩みながらも行動に移している。先が全く見えない霧の中を彷徨いながらもどちらに向かうか決断し、歩き続けている。自分で決断し、行動すれば間違っていても勉強になる。僕はインターン先で何よりもこの決断の大切さを学んだ。でも、周りの人を傷付けるのはなんとかしよう。何か対策を考え、実践しよう。

来る最後の夏休みを前に今、僕は焦る。

怖がりな僕は特に焦るんだ。

でも今の僕のガソリンはこの焦り。

焦りが僕のエンジンをまわしまわし、そして変な満足感へとひた走る。

もう少し様子をみることにする。

焦りすぎでなにが悪いのか、証明したい。

そんな衝動にかられる雨の夜、星はなし。

日食の奇跡を信じて寝るのみか。

少なくとも今、悪石島の観光客は僕より何倍も焦っているに違いない。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。