上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のBRUTUSはとても興味深い。
“居住空間学2008”と題した表紙、
左手の親指からはじかれ、パラパラと左から右へ流れてゆく独創的なイラストレーションに
僕はひとり笑った。
いつものこと。

インターンで12時間働き、それを左脇に挟み、
とうにラッシュの過ぎた阪急梅田駅から三宮までの乗車時間はとても早く過ぎ去る。
木曜の憂鬱な夜がまるで嘘のよう
DSC01858.jpg
出版社に勤めたいと思うようになったのはいつだったかなー。
自分で撮った写真を載せ、それに負けず劣らない文を加え、
毎回ポップなテーマに沿った雑誌を創り上げる。
とことん凝る。
毎度の旅。
屈託のない日々。

これがぼくにとって初めての具体的な将来の夢―
今までちゃんと決めれたことが一回もなかった。
やっと。やっと。これだ、これだぜー夢って・・・
そう感じたとき、本当に嬉しかった。


高知県に絶対に訪れたいマンションがある。
5階には大きな池があり、庭があり、マンション増改築用の作業所があり、
地下には多目的スペースがあり、子供たちの合気道教室が啓かれる。
沢田夫妻がふたりで35年以上かけて作り上げた建造物。

それが沢田マンション。

DSC01911.jpgバイクも買ったことだ、
淡路まで行くと高知までの標識は出てくるだろう。
ガソリンがなくなっちまうその前に
石油王がもうすぐいなくなっちまうほんの少し前に
日本を、この知ってるようで知らない世界を
ランカンの光を頼りに
それぐらいの余裕さで
風に宇宙とのひとつさを感じ、無に

たそがれ
たそがれて


2008/5/16/Fri 0:45
スポンサーサイト

DSC00966.jpgぼくは考える
自分にまつわる様々な欲と不安に左右されないように
いま、何をすべきでいて
これから、何をやらかしてやろうかと

4月末から単身で大阪のIT企業へインターンシップに通い出した。
毎週平日に2・3日、朝8:30に出社し、夜6:30以降まで働く。
勤務中はずっとパソコンに向かう。もうあのパソコンとは友達。
そろそろ名前を付けてあげなくちゃなー。
慣れないソフトを扱い、必死で与えられた仕事をする・・・
いま持っている全ての集中力を使い果たし、一日を終える。
帰りの電車ではスーツ姿の疲れた親父たちに囲まれ、ふらり揺られる。
ぼくはビールがそこまで好きじゃないから、紅茶を買って、
少しずつ口に運び、至福の時間をゆっくりとたそがれ過ごす。
楽しさを感じさせてくれる仕事に感謝して。

一方で、ぼくは、友達からの刺激を全身に浴びて過ごす。
最近では
友達Aといつもの喫茶店で2時間半、無我夢中で遊びの計画を立てた。
また、友達Bとは自転車でB級グルメ・B級ショップを探し続けた。
そして今日は、彼女を含めた4人組でメリケンでフリマを敢行した。
高校からの親友がお笑いコンビを組んで、チュートリアルの前座を務め上げている姿にも感動した。

インターンに行き出して、友達と遊ぶ機会が減ると思ったが
逆に増えた。
そして、次々にぼくに刺激を与えてくる。
それについて考え出すと、比例して睡眠時間が減るの。
でも、それがまた心地よく、脳が美しく燃えているような状態に陥る。

ぼくの回りには光る何かを持ち、とっても憧れちゃう人が多い。
そーいう人がパフォーマンスを繰り返すと
ほんとに負けたくない気持ちになるの。
そこには様々な感情が湧いては消え、予想を超えた次元にぼくを連れていく。

最近、毎日そういった気持ちにシフトさせられる。
もう、どーにかなっちゃいそうだ。
これをすべて無駄にしたくないが、多すぎるの。
なんでだろうか。
これじゃガリ勉キャラになっちゃうよ。

まーいいか。

親父が今日いきなり
「なんでも勉強や!がんばれ」
って書かれたメールをぼくに送りつけてきた。

なんでわかったんだろうか。

なんで親父はぼくの親父なんだろうか。

なんでぼくはいま、楽しいんだろうか。


2008/5/7 Wed 0:58


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。