上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前の将来の夢はなんや?
いきなり叔父から電話がかかってきた
将来の夢・・・ちゃんと答えることができなかった

髪を切りに行った
担当の美容師の人に、大学卒業したらどうするの? そう尋ねられた
まだ決まっていません・・・そんな答えしか返せない自分が情けなかった

春休みももうすぐ終わる
4月には20歳を迎える
中途半端  この言葉が今の自分にぴったり当てはまる
なにをしているんかわからない
なにがしたいんかわからない

幼なじみの友達は高校卒業後、就職し、必死で不規則な労働時間に耐え、頑張っている
高校の友達は浪人として、1年間いろいろな苦しみに耐え、ようやく春を迎えている
大学の友達は自分の夢に向かい、これから新しく専門学校に通おうとしている

みんな1日1日を大切に生き、自分に刺激を与え、確かな1歩を踏み出している

いま通っている大学で普通に単位を取り、卒業すれば、おそらく就職はできるだろう
でも、本当にそんなんでいいのか?
適当にバイトし、旅行し、友達と遊びまくって、卒業、はい、就職―

自分の人生に誰も文句は言えない
言うことができるのはもう一人の自分だけ
現実の自分に理想の自分が語りかける

今日ももうすぐ終わる
暗く、見えない夜空
模索を繰り返す小さく光る月

そこで何を想う
助けは来ない


2007/03/09 Fri 19:44
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。