上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園児の頃、近くの公園が唯一の遊び場だった。

小学生の頃、マウンテンバイクを手に入れて、小学校の校区内が遊び場となった。

中学生の頃、大人に憧れ、何をするわけでもなく、繁華街へ飛び出した。

高校生の頃、野球部のツレたちと馬鹿なことばっかりして、全てを笑いと絡ませた。

そこに心の遊び場が確かに存在した。

そしていま、僕は新たな遊び場を模索中である。絶対にまた馬鹿になれる遊び場を探しだすよ。
何の理由もないけど、つい行ってしまうような心の遊び場を確立させるんだ。
そんな場所がなかったら少なくとも僕は耐えられない。
だって、おもろないし、やっぱ安らぎは必要やからね。

これは今年の大きな目標のひとつだ。私にとってはかなり重大な任務なのである。

輝く月と星空を眺め、そして初日の出の美しさに心を奪われた1月1日。
ふと、ひとり笑顔を浮かべている自分に気付き、苦笑した。


2007/01/02 Tue 23:02
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。