上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕には8つ上に姉がいまして、そのまた2つ上に兄貴がいまして―
(つまり兄貴と僕は10歳も離れてやす)

・・・・・・・ここまで読んだ人の中で、僕の親父とおかんがえらい『元気』だったんだなと思った人は・・・鋭いね。

今日は、こんな身内の性的な話をしたいわけではなく、ちょっと自分の将来について考えたいと思っていやす。

「じぶんがおっさんと呼ばれる年齢に達した頃」
神戸は元町の南にひろがる海岸線をね、チャリンコで浮遊していますと、よくかっこええおっさんが歩いていやす。50~60歳ぐらいかなぁ。なんとも言えない色気(ふぇろもん)を出し、歩いてるんです。だいたい僕の目を惹くグレートなおっさんは、めっちゃ似合う帽子をかぶり、髭をたくわえ、ちょっと太ってる・・・・・
スラリと背の高いおっさんもええねんけど、僕はちょいと肥えてるほうが魅力を感じます。。。
そうそう、BIGINの比嘉栄昇氏は理想やね。
僕はね、そんな渋いおっさんにもちろんなりたいけど、やっぱり『ポッ』と人を笑わせるおっさんになりたいのよ。ギャグとか言わずに、話の中で自然と笑いが取れる・・・※このおっさんは、絶対にすべらないよ。ましてや下ネタなんか使わないわよ(女の前ではね)
ほんでさぁ、アコギでも弾けたら・・・・・・もう考えるだけでテンション上がるな。
男はギャップがなかったらあかんと思うねん。笑い⇔渋さ、ギター

じぶんがおっさんと呼ばれる年齢に達した頃、この日記を読み返したいね。

現実と比較するの~


2006/12/29 Fri 02:11
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 fujimotv, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。